MTG

統率者レジェンズバルダーズゲートの戦いコモンレビューpauper向けmtg

バルターズゲート

今回はMTGの統率者レジェンズバルターズ・ゲートの戦いのコモンレビューをPauper視点をします。

祝福のヒポグリフ

1マナの出来事インスタントを内蔵する2/3のフライヤー。

出来事が破壊不能を付与し、クリーチャー性能も攻撃時に他のクリーチャー1体飛行付与すると使い勝手は悪くありません。

序盤は味方を除去から守り、中盤以降はクリーチャーとして扱える動きができるためデッキに1、2採用すればそれなりの活躍をするでしょう。

ゴライアスのパラディン

5マナ警戒持ちでETBでイニシアチブを得ることできます。

5マナと重めですが警戒持ちであるためイニシアチブの争奪戦に強いのが特徴です。

ティアのグレートソード

装備しているクリーチャーが殴るため+1/+1カウンターで乗せることができ、なおかつ相手のクリーチャーを1体ブロックできます。

攻撃するたびに強くなれるため、飛行持ちなどブロックされにくい能力を持ちクリーチャーとの相性が良いです。

さまようハーパー

3マナ2/2でありETB能力でドローできるクリーチャー。

タフネスが2あるため最低限ブロッカーとしても機能するのが強みです。

不動のユニコーン

1マナのクリーチャーであり、ソーサリータイミング限定ですが4マナでターン終了時までコントロールするクリーチャーすべてに+1/+1の修整を与えます。

マナは必要ですが不動のユニコーンが場にいる限り何回でも使える、全体修整と考えると強いです。

アーラコクラの隠密

4マナフライヤーでETB能力でイニシアチブを得ることができます。

フライヤーなのでイニシアチブ争奪戦でも活躍してくれます。

ケンクのアーティフィサー

戦場に出たときにクリーチャーではないアーティファクトに+1/+1を3つ置いた上でフライヤークリーチャーに変えます。

通常のアーティファクトと合わせても強いですが破壊不能土地と組み合わせると更に有効的な運用ができます。

アームズ・オヴ・ハダル

4マナと重めですが対象のプレイヤーがコントロールするクリーチャーのみ一方的に-2/-2の修整を与えます。

マイナス修整値が大きいため黒の新たな全体除去として活躍するかもしれません。

アンダーダークの探検者

ETB能力でイニシアチブを得られる5マナのクリーチャー。

威迫持ちなのでブロックさらにくいのが利点です。

物騒なバトルレイジャー

4マナのイニシアチブをETBで得られるクリーチャー。

ブロックされるたびにブロックしたクリーチャーのコントローラーはなんと5点のライフを失うため、ブロックしづらいクリーチャーです。

イニシアチブ関連ではかなり有効的に働く能力です。

ゼンタリムの山賊

2マナで攻撃するたびに1点支払えば宝物トークンを1つ生成できます。

回避能力がなくタフネスも1であるため、継続して利用するにはサポートが必要ですが、それでも攻撃時に宝物トークンを生み出せるのは強いです。

ブレス攻撃

ダメージ範囲外が海賊からドラゴンに変わった新たな焦熱の連続砲撃。

焦熱の連続砲撃とどちらを採用するかは環境によって変わると思われますが、Pauper環境ではあまり気にする必要はないかもしれません。

巧妙な砲術家

アーティファクトを火力源にできるカード。

3マナとやや重めですが、アーティファクトを多用する親和などで活躍できるかもしれません。

無謀なバーバリアン

自身を生贄に捧げることで赤2マナを追加する2マナ2/2のクリーチャー。

スタッツも標準的であり、コンボなどで運用できる可能性があります。

奮起させるバード

赤4マナのETBでイニシアチブを得られるクリーチャー。

自身は防衛持ちでありイニシアチブ争奪戦では活躍しづらいですが、タップすることでクリーチャー1体に速攻と威迫を付与することができ、味方の戦闘支援ができます。

復讐する狩人

5マナのETBでイニシアチブを得られるトランプル持ちのクリーチャー。

トランプル持ちのためイニシアチブ持ちとしてはダメージを通しやすいのが利点です。

土地の円環のドルイド

2マナのクリーチャーであり、ETBで4枚墓地肥やしができます。

墓地を溜めたいデッキであれば採用も検討できるでしょう。

クローク森の群れ守り

1マナ1/1のクリーチャーであり、自分の場にトークンが戦場に出るたびに、+1/+1カウンターを1個置けられます。

トークンであれば何でもいいので、トークンを多用するデッキであればすぐに大きく成長できます。

1マナのコモンにしてはかなり可能性を秘めたカードです。

アーティファクト

機械仕掛けの狐

3マナ3/2のクリーチャーで、戦場を離れたときに自身は2枚引く代わりに相手に1枚引かせます。

デメリットは決して小さくはありませんが、それでも死亡時に2枚引けるのは驚異的です。

ドローに悩まされているデッキであればデメリットを無視して採用するのもいいでしょう。

土地

バジリスク門

門カードであり、無色マナを生み出す以外に起動型能力で無色マナ2つとタップインで門の数だけクリーチャー1体を+X/+X修整します。

ソーサリータイミング限定なのが多少残念ですが、これを軸とした門デッキを作成するのも良いでしょう。

岡門

無色マナを生み出せる以外、他の門が必要ですが継続的に宝物トークンが生み出せます。序盤から活用するには厳し目ですが、後半に入れば余った門で宝物トークンを貯める動きも悪くはなさそうです。

門興隆ランド

興隆ランドに門が加わった新たな土地サイクル。門がついたことにより開門などでサーチしやすくなったため使い勝手が上がっています。

タイトルとURLをコピーしました