MTG

mtg団結のドミナリアコモンレビューPauper向け

今回のセット「団結のドミナリア」はドミナリアが舞台であり、ファイレクシアも登場します。

そんな「団結のドミナリア」のコモンをPauper視点でレビューしていきます。

団結のドミナリアコモンレビュー

アルガイヴの密集軍

トークンなどクリーチャーを横展開しやすい白であれば、比較的軽いマナで唱えることも難しくありません。

アグロ系はどうしてもパワー不足に陥りやすいのでパワーが4もあるアルガイヴの密集軍は重宝するかもしれません。

トレイリアの恐怖

墓地のソーサリーとインスタントの枚数分コストが軽減されるため、デルバーとの相性は抜群です。

護法2というある程度の除去耐性は保有しており、なおかつ5/5というスタッツはpauperではかなり驚異的です。

今後青絡みのデッキでよく見掛けそうな一枚になる予感がします。

のたうつ分解者

インスタントとソーサリーと違いクリーチャーは中々墓地に溜まりにくいため、コスト軽減を有効活用する場合はルーターなどでカードを墓地に貯める手段が必要となってきます。

一方で一度墓地にクリーチャーカードが貯まれば少ないことコストで接死持ちの5/5を盤面に繰り出すことができ、ゲームに大きな影響を与えられます。

ギトゥの増幅士

比較対象に窯の悪鬼と祭り壊しがいますが、ギトゥの増幅士にはキッカーという特徴が有ります。コストは重めですがETB能力でバウンスさせることも可能です。

塵と化す

3つのモードを有していますが、防衛クリーチャーを破壊するモードは限定的であるため、実質2モードといえます。

フェアリー対策とアーティファクト対策を1枚で行うことできるため、サイドボードに採用されるケースがあるかもしれません。

ヤヴィマヤの鋼潰し

後援を持っているためアタッカーとして活躍させることも十分に可能であり、アーティファクト破壊も可能と器用な一枚です。

呪詛消しの亀

3マナ3/2で護法2と後援を持っています。スタッツは悪くはなく護法による除去耐性も持っているため、序盤では除去されにくいです。更に後援があるため手助けさえすれば戦闘で活躍できるポテンシャルを秘めています。

タイトルとURLをコピーしました