パワプロ2022攻略

栄冠ナインポジション別野手の育て方パワプロ2022

栄冠ナイン

パワプロ2022の栄冠ナインにおける野手の育て方をポジション別に解説しています。
投手についてはこちらをどうぞ

ポジション別野手の育て方

共通事項

パワプロ2022では捕球ミスが全ポジションが増加傾向にあります。

野手のどのポジションにおいても捕球の値が低いと肝心な場面でエラーをして失点につながることもあります。

そのため全ポジションで捕球の値は余裕を持って上げておくといいでしょう

捕手

捕球機会がもっとも多い捕手では基礎能力である捕球が大切となっています。

レギュラーである捕手の捕球の値は最低でもCは確保しておかないと、重要な場面で捕球ミスをしてランナーに進塁されるケースも珍しくありません。

また盗塁を許してからピンチを作る場面も多々見受けられるため、肩力はSあっても困らないでしょう。

確保したい基礎能力値

弾道2 ミートC パワーD 走力C 肩力B 守備力D 捕球C

一塁手

捕球機会が多いポジションであるため捕球率はCは確保したいです。一方で送球機会は少ないため肩力はEあれば問題ないです。

一塁手は基本的に打撃のポジションです。打撃能力に育成できる時間が多い関係上、打の主軸を担えます。

今作では転がせが強めなので転がせに関わるミートと走力はC以上あれば安心できます。強振が弱めのゲームバランスであるため、パワーは最高でもBあれば足りるでしょう。

確保したい基礎能力値

弾道2 ミートC パワーC 走力C 肩力E 守備力D 捕球C

二塁手

内野手では動き回るポジションの一つです。

そのため足の速い選手に育てたいです。また守備で機敏に動いてもらうためにも、守備力はCは用意したいです。

捕球も同じくC以上を目指しましょう。肩力に関しては遊撃手ほど必要ありませんが、高いに越したことはありません。

送球機会が多いため特殊能力「送球」の値はD以上の選手を起用して下さい。

確保したい基礎能力

弾道2 ミートD パワーD 走力C 肩力D 守備力C 捕球C

三塁手

一塁と距離が離れている関係上、ある程度肩力が求められるポジション。

肩力に関しては深い位置から送球することも多いためCは欲しいです。

動き回ることは少ないため走力は低めでも大丈夫ですが、転がせを有効活用するためにもCは確保したいところです。

送球でのエラーを減らすため特殊能力「送球」の値はD以上の選手を起用しましょう。

確保したい基礎能力

弾道2 ミートC パワーD 走力C 肩力C 守備力D 捕球C

遊撃手

内野の要ともいえるポジション。基本的に打撃能力よりも守備能力を優先したい育成したいです。

二塁手や三塁手と同じで送球ミスを減らすため特殊能力「送球」の値はD以上の選手を用意したいですが、遊撃手は特に送球機会が多いので「送球」が以上の選手がいれば守備を安定させられます。

確保したい基礎能力

弾道2 ミートD パワーD 走力C 肩力C 守備力C 捕球C 

外野手

外野手は内野よりも動く範囲が多いため、走力に優れた選手を用いましょう。

一方で肩力の恩恵をあまり感じることが少なかったため、肩力はDもあれば十分です。

打撃能力を育成しやすいポジションであるため、主軸を務めることが多くなるでしょう。

確保したい基礎能力

弾道2 ミートC パワーC 走力C 肩力D 守備力D 捕球C 

タイトルとURLをコピーしました