パワプロ2022攻略

栄冠ナインの試合に勝つためにしたいことパワプロ2022

パワプロ2022栄冠ナイン

パワプロ2022の栄冠ナインで少しでも試合に勝つためのコツを紹介いたします。

全国でも通用するエースを育てる

野球は失点しなければ少なくとも負けることがないスポーツです。

そのため守備で重要な投手の育成は栄冠ナインにおいてもっとも大切といっても過言ではありません。

なので投手の軸となるエースの育成には優先して力を注ぐ必要があります。

実際の育て方についてはまずスカウトで優秀な投手を育てると育成である程度楽ができるので、スカウトでは投手を最優先することをおすすめします。

投手能力に関しては速球が145キロ以上、コントロールはB以上、総変化量は10以上は備えておきたいです。スタミナは伝令や特殊能力「キャッチャー」である程度補えるため、最低でもCはあればなんとかなります。

捕球と送球は軽視してはならない

栄冠ナインは守備能力が低いとエラーが多発することは珍しくありません。その要因に挙げられるのが捕球と特殊能力「送球」です。

基礎能力である捕球はDあってもボールを落とすことがあります。特にパワプロ2022では捕球が低いとパスボールが発生率が高いため捕手であっても捕球はCはないと安心できません。野手の全ポジションで捕球はある程度確保しておくと落球を防げます。

栄冠ナインで二塁手や遊撃手の特殊能力「送球」の値がE以下だと送球を外すことは珍しくなりません。

センターラインの二塁手と遊撃手は送球機会が多いポジションであるため、できれば「送球」がD以上ある選手に担わせたいです。他にも同じ内野手である三塁手や一塁手も「送球」の値がDは確保しておくと守備が安定します。

打撃は高めに

パワプロ2022は前作よりも打撃能力が高いとヒットを打つ確率が高い感覚がします。逆に言えば打撃能力が低いと格上相手から点を奪うことは難しくなります。

守備能力も重要である栄冠ナインでは序盤のうちは打撃能力を上げるのは少し難しいですが、弾道2、ミートC、パワーD程度あると地方予選では点を取りやすくなります。

下級生を育てながら試合に挑む

栄冠ナインでは能力以外にも信頼度がないと、指示操作のときに選手があまり活躍してくれない要因になりがちです。

信頼度を上げるにはイベントの他に試合出場があります。

そのためスタメンを全て最上級生で占めるのではなく将来の主力となる下級生を2、3人はスタメンに抜擢しておきたいです。

スタメン以外にも大差がついた場合は下級生を途中出場するようすれば最上級生の引退後しても残った学年の信頼度はある程度は確保できているはずです。

まとめ

甲子園で優勝するためにしたい準備はこちらで紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました