フォーゴトン・レルム探訪コモンレビュー Pauper向け MTG

フォーゴトン・レルム探訪

MTGのセットD&D:フォーゴトン・レルム探訪のフルスポイラーが発表されので、今回はPauper(パウパー)向けに注目するコモンのカードレビューを行います。

フォーゴトン・レルム探訪カードレビュー

天界のユニコーン

アジャニの群れの仲間系のクリーチャーが白のコモンとして収録されました。
アジャニの群れの仲間と比べると3マナとコストが増加しています。
3マナだとアグロ系のデッキでは若干重めでカウンターが乗る前に除去される可能性も高いです。
もっともソウルシスターズと相性が良いのは明白なので上手く運用できる方法を見つけたいです。

黎明運びのクレリック

コモンでありながら3つのモードを持っているクリーチャー。
選べるモードはPauperだとエンチャントを使用しないことも多く、墓地追放も1枚のみとあまり期待できない効果です。ただライフゲインの効果を持っているの天界のユニコーンと合わせてソウルシスターズで活躍させるのも悪くはありません。ライフゲインできるクリーチャーとして普段は扱いながら相手によってエンチャント破壊や墓地追放を活かしたです。

古代の伝承の僧侶

デメリットはおろか、ライフ回復のメリットが付いたETBでカードが引けるクリーチャー。
ドローと無念なことが多い白のクリーチャーでカードを引けることはPauperだと貴重です。
同じ3マナで遠見の達人というカードがありますが、遠見の達人は相手にもカードを引かせるデメリット持ちです。
古代の伝承の僧侶はとりあえず白単であれば採用を考慮できる1枚です。ドロー能力に乏しいボロス系のデッキも活用できる可能性が大いにあります。

君は見張り中に物音を聞いた

全体強化か攻撃クリーチャーにダメージを与えるモードを持つインスタント。
2コストしてかなり利便性のあるカードです。単純に除去カードとして見た際、攻撃クリーチャー限定ですがアンコウすらも除去できます。
全体強化も使いどころが多い効果です。全体強化と除去を2コスで行えるので個人的には白単トークンなどの白単でメインから採用したいです。

治癒のポーション

キャントリップ持ちの起動型能力でライフを回復できるアーティファクト。
カードを引けて、ライフも回復できるカードは黄金の卵や改良器具があります。
改良器具は1コストで得られるライフ量が2で、カードを引く瞬間が戦場から離れた時です。基本的には治癒のポーションは改良器具を2コスト版のようなカードです。
黄金の卵はライフを回復するのに起動コストも併せて4コスト掛かりますが、黄金の卵は色マナを得ることもでき、色マナを含んでいないためどのようなデッキでも採用できます。
黄金の卵の方が汎用性がありますが、起動コストの少なさを利点として考えるのであれば治癒のポーションも白単であれば採用できそうです。

シルヴァー・レイヴン

能力だけで見ればフェアリーの予見者の方が格上です。
しかし青が扱いを得意とするアーティファクトであるため、あらゆるシナジーが考えられます。
個人的には機械職人の神童と組ませて青系のアグロ系デッキを作るのも面白そうです。

君は悪党の住処を見つけた

打ち消しかルーターを選べる3マナインスタント。
選べるモードが両方とも強く3コスト重いため4積みは躊躇しますが青単のデッキであれば、1枚から2枚程度採用してみると案外活躍してくれるかもしれません。

よろめく怪異

死亡誘発で2つのモードのどちらかを選べますが、いずれも使い勝手が良い能力です。宝物トークンは単純にマナ加速として利用でき、マイナス修整は範囲こそ狭いですがタフネス2以下のクリーチャーであれば戦闘した際に相打ちで打ち取れます。

命取りの論争

コストに生贄が必要なため一見重そうに感じ取れますが、宝物トークンを生成してくれるため実質マナコストの消費は1です。
更に追加コストにアーティファクトを選べるため、使い終わったアーティファクトをコストに出来るほか、胆液の水源との相性が抜群です。
アーティファクトを多用するデッキであれば、新たなドローソースとして活躍できるでしょう。

知性喰らい

普通に唱えれば、相手の手札をハンデスするだけですが、宝物トークンで唱えれば土地以外をピーピングハンデスできます。宝物トークンを生成するデッキでないと、カードを真価を発揮できませんが、Pauperにおいて1マナのピーピングハンデスとしては選べるカードの種類は破格です。

ゴブリンの投槍兵

1マナ1/1の速攻持ちのゴブリンですが、ブロックされた際にブロックしたクリーチャーに1点のダメージを与えます。ブロックしたクリーチャーがタフネス1であれば一方的に打ち取れるのは魅力的です。

決闘のレイピア

戦場に出たとき無料で装備できるアーティファクト。パワーを2も上げてくれるため、1マナで永続的に強化できるカードしては優秀です。特に瞬速持ちのためコンバットトリックとしても活用できます。

君は呪いの彫像を見つけた

ソーサリーになった代わりに宝物トークンを生み出せダンジョン探索ができるモードと得た帰化。
帰化と違い破壊する対象がいなくても使い道があります。
正直PauperはおろかMTG全体でダンジョンの強さがあまり把握できていないので、君は呪いの彫像を見つけたの強さも評価しかねますが、ダンジョンが強ければ2マナダンジョンを探索でき宝物トークンが付いてくるカードとしてメインから投入しても良さそうです。

アーティファクト

皮の鎧

装備コスト0の装備品ですが、その代わり装備できるのは1回までです。強化度合いは小さいですが、赤だと装備品関連で強化されるクリーチャーがいるので採用も考えられます。

タイトルとURLをコピーしました