Pauper(パウパー)白のおすすめカード MTG

mtg-pauper

今回はMTGのフォーマットPauper(パウパー)での白のおすすめカードをカードタイプ別に紹介したいと思います。できる限り白主体の様々なデッキで採用できそうなカードを用意しました。

白のおすすめカード

クリーチャー

スレイベンの検査官/Thraben Inspector

1マナで調査できるクリーチャー。 ドローソースに悩む白にとっては1マナで戦闘要員を立てながらドローソースを用意できる貴重なクリーチャーです。 白単であれば、即採用しても問題のない能力の持ち主ですが、ドローするのに合計3マナ必要なのは肝に銘じておきましょう。

戦隊の鷹/Squadron Hawk

手軽に手札に戦力を補給することが可能であり、なおかつフライヤーであるため、ダメージを通しやすいのも利点です。 白単トークンなどクリーチャーを並べたいデッキで採用すると活躍してくれるでしょう。

ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact

プロテクション単色という単色環境であるPauperにおいては非常に強固な能力を持ったクリーチャーです。

対称を取る除去では殆ど倒せず、布告除去を持っている黒以外では対応に困ります。 4マナクリーチャーとしてはPauperでは圧倒的な性能を持っているため、アグロ以外のデッキであれば、採用してもよい1枚です。

宮殿の歩哨/Palace Sentinels

ドローソース不足の白にとっては統治者という有り難い能力持ちのクリーチャー。 統治者であることを除けば4マナ2/4のバニラですが、タフネスも稲妻では除去できない4であるため、ブロッカーとして活躍してくれます。

古代の伝承の僧侶/Priest of Ancient Lore

3マナでライフゲインしながらカードを引けるコモンにおいては貴重なETBでドローできるクリーチャー。 同セットで収録されている、天界のユニコーンと相性も良く、Pauperでもソウルシスターズを組むことが可能です。白絡みであれば、ドローできるクリーチャーとして採用するだけでも活躍してくれるでしょう。難点はタフネスが1であるためブロックされれば大抵破壊される点です。

軍旗の旗手/Standard Bearer

能力は少し特殊で軍旗の旗手が戦場にいる限り、相手がコントロールする呪文か能力で対象を選ぶときに、旗手を選ぶ必要があります。そのため対象を取る除去カードを使う場合はまず旗手から排除する必要があります。そのため自分は他のクリーチャーと軍旗の旗手を並べることで、一度は対象を取る除去から味方を守れます。他にも旗手を対象に取る必要がある関係上、エンチャントを多用する呪禁オーラも軍旗の旗手を除去しない限り、自身のクリーチャーにエンチャントを装着できなくなります。

インスタント

虹色の断片/Prismatic Strands

非常に軽いフラッシュバックで特定色のダメージを1ターンの間無効にできます。
素で唱えると3マナと重めですが、ボロスデッキなど能動的に墓地送りの手段を用意できる場合は軽いコストで自陣を守れやすくなります。

護衛の誓約/Guardians’ Pledge

3マナの全体強化のインスタント。+2/+2修正であるため、クリーチャーで一斉に殴りかかり、ブロッククリーチャー指定後に唱えれば相手の裏をかくことができます。
全体強化としてはPauperでは修正値が大きいため、相手のダメージやマイナス修正による全体除去から守る使い方もあり、器用な1枚です。

レイモス教の再興/Ramosian Rally

平地をコントロールしているだけで、緩いコストで唱えられる全体強化。
唱えやすいため、横並びのデッキであれば気軽に強化することできます。

貴族階級の嘲笑/Patrician’s Scorn

簡単に無料で唱えることができるエンチャント破壊。
厄介な相手である緑白呪禁オーラへの対策として有用です。

ソーサリー

断片化/Fragmentize

ソーサリーで4マナ以下限定ですが、アーティファクトかエンチャントを1つ破壊できます。 Pauperで使われているエンチャントは大抵が4マナ以下でありアーティファクトもクリーチャーを除けば同じです。 1枚で対応できる場面が多くサイドボードに採用しておくと重宝します。

エンチャント

未達への旅/Journey to Nowhere

Pauperには流刑への道のような対象にできるクリーチャーに制約が掛かっていない除去カードが殆どありません。未練への旅は一時的ですが、クリーチャーを戦場から追放できます。未練への旅が破壊されるとクリーチャーが戦場に復帰しますが、メインからエンチャント破壊が入っているデッキは限られているので、1戦目は万能除去として使えます。

タイトルとURLをコピーしました