Pauper(パウパー)青のおすすめカード MTG

ぱうぱー

この記事ではMTGのPauper(パウパー)における青のおすすめカードを紹介しています。

Pauper青のおすすめカード

クリーチャー

秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets

クロックパーミッションやコントロールデッキの定番クリーチャー。
インスタントとソーサリー中心にデッキを固めれば簡単に変身できます。
タフネスは2と軽量除去が多いPauperでは比較的対処されやすいサイズですが、青は打ち消しが多いで変身させたデルバーを打ち消し呪文で守りながら攻める動きは強力です。

呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite

場のフェアリーの数以下のマナコストの呪文を打ち消する瞬速持ちのクリーチャーです。
最低でも1マナ以下のカードを打ち消すことが可能なので、Pauperでも多い1マナの除去カードから味方を守りつつクリーチャーを展開できます。呪文づまりのスプライトをバウンスする手段を別途用意していれば、呪文づまりのスプライトによる打ち消しを使い回せます。

ボーラスの占い師/Augur of Bolas

2マナのクリーチャーでETB能力でライブラリーから3枚見て、その中からインスタントかソーサリーを1枚手札に加えられます。手札に加えられない可能性もありますが、単純に1枚ドローするよりも、カードを選べるため、加えられるカードの質は高めです。またタフネスが3あるため、序盤の壁役としても最適な1枚です。

嵐縛りの霊/Stormbound

青のサイドボードに採用されることがある1枚で、不死持ちのため除去に耐性があり特に黒が得意とする布告呪文に対しては頑強な耐性を持っています。飛行クリーチャーしかブロックできない弱点もありますが、除去カードが多い黒相手には活躍してくれます。

深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours

比較的軽い忍術コストを持ち戦闘ダメージを与えるたびにカードを1枚引けます。ダメージを与えながら手札を補充できる時点で有能ですが、忍術の仕様上クリーチャーを手札に戻す必要がありますが、優秀なETB能力持ちのクリーチャーなど使い回すこともできます。特に呪文づまりのスプライトとの相性は最高で、忍術で手札に戻すで再度打ち消しを構えることができます。そのため深き刻の忍者と呪文づまりのスプライトはセットでデッキに採用されがちです。

熟考漂い/Mulldrifter

5マナの飛行持ちで、ETB能力でカードを2枚引けます。更に3マナの想起コストで戦場に出せるため、序盤は純粋なドローソースとして使用し、後半はドロー能力持ちの2/2のフライヤーとして活躍が見込めます。

インスタント

対抗呪文/Counterspell

Pauperにおける最高の打ち消し呪文。
青ダブルシンボルのため多色デッキだと序盤に青マナが足りず唱えられない可能性もありますが、それでもあらゆる呪文を打ち消せる対抗呪文は状況を選ばずに働いてくれます。

払拭/Dispel

インスタントのみですが1マナで打ち消せる打ち消し。青のサイドボードの常連であり、コンボ系のデッキであれば相手の打ち消しや除去に対応するためメインから投入されることもあります。

残響する真実/Echoing Truth

土地以外のパーマネント1つを対象とし、それと同名のカードをバウンスするカード。
活躍できるかは環境次第ですが、トークン系のデッキが環境で出現するとトークンに対し対策カードとして機能します。

消灯/Curfew

すべてのプレイヤーは自分のクリーチャー1体を手札に戻す必要があります。
対象を取らないため呪禁オーラの対策カードとして活用できます。

青霊破/Blue Elemental Blast 水流破/Hydroblast

赤への対策カードとしてサイドボードに採用されています。
両者に少し違いがありますが、基本的には青霊破の方が安めです。

渦まく知識/Brainstorm

3枚ドローし、その後2枚をライブラリーの上に戻すドローカード。
一時的といえ3枚もドローするため、目当てのカードを引ける可能性は高く、更にライブラリーの上に戻す性質を利用し秘密を掘り下げる者の変身をサポートする使い方もあります。
他の1マナドローソースである定業や思案などと比べるとインスタントタイミングで打てるため、相手の行動を阻害するカードを探すという使い方もできます。一方で戻すカードはライブラリーの上に置くため、思案などのように不要なカードを下に戻せないので、ライブラリーをシャッフルする手段を用意しないと短期で渦まく知識を連続使用すると不要なカードを引き続けることになります。

多元宇宙の警告/Behold the Multiverse

4マナで占術2を行い2枚ドローしますが、予顕によるコストを分割できるマナが余ったタイミングで予顕しておけば次のターン以降軽いコストでドローできます。

ソーサリー

定業/Preordain

占術2を行った後にドローするため、ドローするカードにある程度干渉することが可能です。

思案/Ponder

カードを3枚見た後、好きな順番でライブラリーの上に戻しその後ライブラリーをシャッフルするか選択した後にドローできます。
定業と比較すると個別にライブラリー下に送れませんが、確認できる枚数が多いのが特徴です。

タイトルとURLをコピーしました