Pauper(パウパー)黒のおすすめカード MTG

pauper

この記事ではMTGのフォーマットPauper(パウパー)における黒のおすすめカードを紹介します。

クリーチャー

墓所のネズミ/Crypt Rats

Pauperでは数少ない全体火力を有しているクリーチャー。
タフネス2以上を除去する場合自身も除去されるため、基本的には使い捨ての全体除去として扱うことになりますが、マナさえあればスタックに能力を重ねることで高タフネスのクリーチャーでも除去できます。

ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager

ETB能力で1点失う代わりに1枚できるクリーチャー。
3マナ2/2であるため、戦闘要員としても活躍することもでき、雑に使用しても最低限の活躍はするでしょう。

ホネツツキ/Bone Picker

クリーチャーが死亡しているターンであれば1マナで唱えられる3/2接死飛行持ちのクリーチャー。
黒は1マナの軽量除去に優秀なのが多いため、2ターン目からホネツツキを出すことも難しくはありません。
フライヤーであるためダメージを刻みやすく、接死持ちであるためブロッカーとしても優秀です。

黒薔薇の棘/Thorn of the Black Rose

4マナ接死持ちの統治者。スタッツには目を見張る点はありませんが、デメリットのない4マナの統治者だけで需要があります。

中速以降のデッキであれば手札を補う手段して活用でき、接死持ちであるためブロッカーとして活躍してくれます。

グルマグのアンコウ/Gurmag Angler

5/5という最小1マナで出せるクリーチャーとしては驚異のマナ効率を誇る探査クリーチャー。
現在は軽量除去が増えているため、耐性のないグルマグのアンコウは除去されやすいですが、それでも低コストで出せる可能性がある大型クリーチャーは除去できなければ脅威です。

インスタント

汚涜/Defile

コントロールしている沼の分だけマイナス修整を与えるカード。
黒単以外だと運用は難しいですが、逆に言えば沼さえあれば1マナあらゆるクリーチャーを除去できます。

喪心/Cast Down

非伝説クリーチャーを除去できるインスタント。

Pauperには伝説のクリーチャーがいないため実質万能除去としては機能します。

息詰まる噴煙/Suffocating Fumes

サイクリング持ちの全体除去。

マイナス修整値は僅かに1のみですが、フェアリーやエルフに対して有効であり、サイクリングをあるため不要な場面でもドローカードに変換できます。

無残な収穫/Grim Harvest

復活を持ったクリーチャー回収カード。何度も利用する場合は慎重なマナ運用が求められますが、その点に気をつければクリーチャーが除去されても何度でも回収できます。

ソーサリー

強迫/Duress

クリーチャーか土地以外をハンデスできるカード。
使い方としてはクリーチャーを展開する前に除去を抜いたり、青相手に使用して無理やりカウンターを消費させるなどがあります。ハンデスできなくても最低限ピーピングは可能なのでそのゲームの作戦を立てる際の参考となります。

チェイナーの布告/Chainer’s Edict

布告系の呪文でフラッシュバック付きです。フラッシュバックは7マナと重めですがコントロールデッキであれば7マナを確保するまでデッキゲームが続いていることも珍しくありません。コントロール以外でもPauperは時間が掛かりがちなので、7マナに届いていることも決して珍しくはなく、布告呪文としては多く使われています。

血の署名/Sign in Blood

2枚引き2点を失いドローカード。ダブルシンボルなので多色デッキでは使用が難しいですが、プレイヤーを対象に取るため夜の囁きと違い、ダメージソースとしても利用できます。

夜の囁き/Night’s Whisper

2マナのドローカードであり、2枚引く代わりに2点の代償付きです。シングルシンボルであるため、血の署名と違い多色デッキで採用しやすいのが利点です。

エンチャント

黒死病/Pestilence

戦場にクリーチャーがいないと自身を生贄に捧げる代わりに全てのプレイヤーとクリーチャーに1点のダメージを与えます。運用の際は気を使う必要がありますが、何度でも使える全体火力であるためタフネスが低いクリーチャーに対して有効的です。

タイトルとURLをコピーしました