Pauper 騒鳴の嵐と滞留者の相棒が禁止 親和は依然として強い?

滞留者の相棒

日本時間9月9日に狼狽の嵐と滞留者の相棒が禁止カードに選ばれました。 この規制によって大きく環境が変わると思われますが今回は禁止改訂への見解を述べたいと思います。

狼狽の嵐と滞留者の相棒が禁止カード入り!

リスストームはデッキの根源である狼狽の嵐が規制されたことでデッキそのものが消滅することになりました。
リスストームの消滅により、環境は大きく変わると思われます。

リスストームは仕留められるターンが異常に速く、対処できる色が限られており、デッキによってリスストームに対策を持っていないため環境から去るデッキもありました。そのため今回の禁止改訂で環境から退いたいくつかのデッキも環境に帰ってくるでしょう。

一方で親和は滞留者の相棒のみが規制される結果となりました。親和はモダンホライゾン2発売前から環境に位置していたデッキであり、モダンホライゾン2で新戦力を手に入れたことで環境上位の座を手に入れました。

親和がトップメタに躍進した理由は今回規制された滞留者の相棒と橋ランドの影響が大きいです。
滞留者の相棒でクリーチャーの質が向上し、橋ランドでマナ事情が安定しました。滞留者の相棒が規制されても親和としては依然として橋ランドが無傷であるため環境上位に残ると思われます。

もっとも親和と相性が良いデッキがリスストームが消滅したことで環境に顔を出すことが予想されるため、禁止改訂後は以前よりかは厳しい場面に遭遇する機会も多くなるでしょう。

親和は更に規制が掛かる可能性がある?

今回の親和への規制は前述の通り滞留者の相棒のみです。個人的には一部の橋ランドなど別のカードも同時に規制されると思っていました。
それだけ親和には強力なカードが多いからです。親和は未だに環境で活躍できる力を残しているため、リスストームが消えた後、親和一強になるのであれば再び親和に対し新たな規制も有り得そうです。

 

タイトルとURLをコピーしました