イニストラード:真紅の契り コモンレビュー Pauper向け

pauper

イニストラード:真紅の契りのフルスポイラーが公開されたのでPauper目線でコモンをレビューしていきます。

イニストラード:真紅の契りカードレビュー

旅する聖職者

タップインでライフを1点回復しなお且つクリーチャー1体のパワーを1上げる起動型能力を持っています。

起動はソーサリータイミングでしか行なえませんが、旅する聖職者単体で確実ライフゲインできます。

旅する聖職者が1マナであるため、ソウルシスターズと相性が良いです。

現状では他の1マナ枠から採用枠を奪うのは厳しいかもしれませんが、手札からクリーチャーが切れた際に単体でライフゲインできるのは魅力です。

散らかった思考

4マナインスタントでライブラリーの上から4枚見て2枚を手札に加え、2枚を墓地に置けます。

ドローと墓地肥やしを両方こなすことができるためリアニメイトなど重宝するデッキは多いでしょう。

散らかった思考は4枚見れるため、墓地肥やしが不要なデッキでもコントロールなどの重めのデッキであれば採用する価値はあります。

血の泉

1マナのアーティファクトであり、1枚でアーティファクトを2つ出せます。そのためアーティファクトを多く用意したい親和との相性が良いです。

ETB能力で出せる血トークンは起動に1マナ必要なルーターであり、中盤以降マナが余る場面も多くなるので気軽に行える手札交換として使えます。

血の泉はマナコストは重めですがマナと血の泉を生贄に捧げることで墓地のクリーチャーを2枚まで回収できるので除去にもある程度耐性を持てるようになります。

しつこい標本

1マナ1/1のクリーチャーでマナを支払うことで墓地からタップ状態で戦場に戻ることができます。

マナがある限り何度でも戦場に舞い戻れますが、戦闘能力は最低限しかないため、戦闘要因としてはあまり期待はできません。

ケッシグの炎吹き

自分がクリーチャー以外の呪文を唱えるたびに相手に1点のダメージを与える2マナのクリーチャー。

バーンなどで活用できそうな1枚であり、タフネスが3あるため、Pauperの全体除去に耐性があるのも利点です。

無謀なる衝動

2マナのソーサリーでライブライートップから2枚追放し、追放したカードを次の自分のターンまでプレイできます。

使用できるターンは限られていますが、2マナで2枚確保できるため、軽量呪文が多いデッキであれば2枚使い切ることも難しくなく、土地もプレイできるため、追放したカードを両方使用できない事態は殆どあり得にくいです。

アーティファクト(有色以外)

結婚式への招待状

2マナのアーティファクトでETB能力でカードを1枚引け、タップインと自身を生贄に捧げることでクリーチャー1体をブロックされなくします。クリーチャーが吸血鬼であれば絆魂を得ますがPauperではおまけの能力となります。

どの色のデッキにも採用できるため、1撃で大ダメージを狙うデッキでは活用機会が多いでしょう。

ドローもできるため手札を減らさずに設置できるのは嬉しい点です。

 

タイトルとURLをコピーしました