小説におすすめの無料の執筆アプリ(エディタ)

小説やブログなどを執筆する際におすすめしたい執筆用に適した無料で使えるエディタなどのアプリを紹介します。

Visual Studio Code

Visual Studio Code(以下VScode)はあのWindowsを開発しているマイクロソフトが開発・配布しているテキストエディタです。

プログラミング用のテキストエディタとしては非常に高性能ですが、小説などの執筆用ソフトウェアとしても少し設定を変更する必要がありますが、活用できます。

執筆において求める機能は大抵揃っており、使用感は良好であり、またソフトウェアの更新頻度も多く安定性があるのも魅力です。Windows以外にもMacやLinaxにも対応しているため、あらゆる環境で運用できるのも利点です。

VScodeの執筆ソフトウェアとしての魅力はこちらの記事で詳しく紹介しています。

Notepad ++

Windows専用のテキストエディタで多くのプログラマーに愛用されているテキストエディタの1つです。

テキストエディタとしては高性能であり、尚且つ極めて軽量であるため、パソコンが低性能であっても使用しやすいです。

執筆アプリとしての使用感としては、タブ機能やタブの自動保存機能といった執筆ソフトウェアに欲しい機能が揃っています。

海外のソフトウェアですが日本語にも対応しており、日本語化も簡単であるため、軽量のテキストエディタを探している方にはおすすめです。

TATEditor

大抵のテキストエディタはプログラミング向けの機能が主軸となっていますが、TATEditorは小説などの執筆向けの機能を多く取り揃えているのが特徴です。

ソフトウェアの名前から連想できるとおり、縦書きが可能な数少ないテキストエディタです。もちろん従来のテキストエディタと同じで横書きで作業することもできます。

更に特別な設定なしにtxtファイルの状態でアウトライン機能を使用できます。
何気にアウトライン機能が使えるテキストエディタは貴重です。アウトラインがあるだけで章や設定の管理が大幅に楽になります。

軽量級のテキストエディタであるため、ソフトウェアの重さを気にせず作業に集中できます。

他にも注目したい執筆向けの機能が用意されているので軽くて利便性のあるソフトウェアを探している方には是非一度手に取ってほしいテキストエディタです。
タイトルとURLをコピーしました