小説の語彙力を向上させるにはどうすればいい?

語彙力

小説家にとって文章を書く上で苦労するのが語彙力です。小説家の語彙が少なければ、文章表現に多彩さが欠けてしまいます。

そこで今回は語彙力を向上させる方法をご紹介します。

言葉の使われ方を意識し読書をする

語彙力を高める方法として小説を読むことを想像させる方もいるでしょう。

新たな言葉を覚えるだけであれば辞書を閲覧すればいいだけですが、小説には様々な言葉の使い方を学ぶことができます。

語彙力は単純に単語の習得数以外にも習得した言葉を適切な場所で活用できるかも含まれます。そのため、ただ単に言葉を習得するだけでは語彙力は全く向上しません。

語彙力を向上させたいのであれば、執筆や言葉を覚える以外にも他者の文章から言い回しなどを学ぶことも重要です。もちろん漠然と読書をしているだけでは語彙力は鍛えられません。

一文毎になぜその言葉が選択されたのかを意識して読むことが大切となります。

類語を調べるときはその言葉を文章に対して適切なのかを調べた上で用いること

執筆中に何度も同じ表現を使い回す場合、類語を探し別の表現をできないか模索すること文書力とともに語彙力も高まっていきます。

類語を調べるということもそれだけ多くの単語や言い回し取得できることに繋がります。

小説家に人であれば常日頃から類語を調べる機会も多いでしょう。

もっとも類語調べる上で注意点が1つあります。類語は文字通りもとの言葉と意味が類似していますが、意味が微妙に異なることも多く、置き換える類語が文章に対して適切な意味でない可能性もあり得ます。

類語そのものは非常に簡単に調べられますが、類語を採用する場合は意味が文章に対して相応しいか調べましょう。

<

別の小説記事

小説で学園ものを作る際のコツと注意点
小説では定番のジャンルである学園もの。学園生活は自身の学生生活を参考にすればいいため比較的専門知識がなくても描きやすいジャンルです。また部活動や学校行事の存在のより、同じ学園ものでも作者の技量や感性によって作品の性質が大きく異なってきま...
小説の不得意なジャンルを得意に変えるコツ
小説には恋愛、ファンタジー、SFなど様々なジャンルがあります。扱えるジャンルが多ければそれだけ作品の幅は広がっていきます。もっとも人によっては特定のジャンルは題材に用いれないなど不得意なジャンルはあるでしょう。今回は不得意なジャ...
タイトルとURLをコピーしました