小説・執筆

小説の文章力はどこまで必要?

文章力

小説は当たり前ですが文学に分類される創作です。文学である以上文章は欠かせない要素です。

小説は物語が長いほど、膨大な文章で構成されるため、読者を楽しませるためにも文章力は重要です。

もっとも小説は物語を綴る創作であり、物語を作る力も必要不可欠です。

どれほど美しい文章であっても、物語が退屈だと読者は序盤で本を永遠に閉じてしまうこともありえます。

そうなると文章力はどこまで必要となるか、初心者のうちは悩むこともあり得るでしょう。

そこで今回は小説でどこまで文章力が必要かを考えていきます。

必要最低限の文章力は身に着けておくべき

小説において面白くない物語は読者には親しまれる可能性はかなり低いです。なので個人的な見解としては文章力よりも物語を作る力を優先すべきです。

ですが文章が拙すぎると読み手にとって読み進めるのが億劫になりがちです。そのため必要最低限の文章力は会得しておくべきです。

では必要最低限の文章力の内容ですが、個人的には読書をしている際に文章に不自然さがなければ問題ないでしょう。感覚的に例えるならば滑らかさを想像してもらうといいかもしれません。

常日頃から書き終えた作品を読み返し、違和感があれば修正する癖を付けていれば、文章力における問題はなくなるはずです。

文章を読み返す際のコツとしては客観的な視点が大事となってきます。書いている最中は問題がないと思い込んでいても、客観的に読み直すことで不自然な要素を発見することもできます。

そのため読み直す際は客観的に作品を見られるように気を配りましょう。

タイトルとURLをコピーしました