パワプロ2020ペナント特能キャッチャーが投手に与える影響を検証

パワプロの捕手専用特殊能力キャッチャー。味方投手に影響を与える特殊能力で、キャッチャー値が高い捕手がいれば、試合を有利に進められます。

特にペナントでは絶大な効果を発揮し、キャッチャーA以上がいるだけで、通常ではBクラスのチームが優勝争いに食い込める可能性すらあります。

それだけ優秀な特殊能力であるため、今回はその特殊能力キャッチャーがペナントで与える影響について検証してみたいと思います。

※キャッチャーと記載した場合、「特殊能力のキャッチャー」か「ポジションの方のキャッチャー」かどちらを指すのが非常に分かりづらいため、ここではキャッチャーと記載した場合「特殊能力のキャッチャー」を表し、捕手と記載した場合は「ポジションの方のキャッチャー」と表すことにします。

特殊能力キャッチャーの効果

キャッチャーC以上 捕手を務めているとき味方投手のコントロールをプラスし、スタミナの消費量をマイナスする。

キャッチャーE以下 捕手を務めているとき味方投手のコントロールをマイナスし、スタミナ消費量をプラスする。

検証条件

ペナント設定 ケガなし 疲労なし  新外国人なし トレードなし

今回は出来る限り同じ状況下でデータ検証を行うため、ペナント設定でケガでの戦力低下や疲労による能力低下を避けるため、これら2つはなしに設定してます。

また新戦力の加入などの戦力の変動を防ぐため新外国人やトレードも禁止します。

検証結果

まずキャッチャーA,D,C,Fの持つ捕手をそれぞれ日本ハムのレギュラーとしてロックし期間1年間でペナントを1周させました。

まずは投手に何ら影響を与えないキャッチャーDから見てみましょう。

次に残りのキャッチャーの結果を見ます。

キャッチャーA

キャッチャーC

キャッチャーF

明らかにキャッチャーF時のチーム防御率が他と比べて悪化していることが分かります。

これだけで捕手の特殊能力キャッチャーが投手に与える影響が大きいと分かります。

特殊能力キャッチャーにはコントロール補正が入るのでAに近づくにつれ与四球の数が減少していることも伺えます。

一方でキャッターA,Cは僅かに防御率で0.01しか違いがなく、Cの方が下回っています。

これだけだとC以上では大した影響がないと見えます。

そこでA,Cを期間1年間でそれぞれ追加でペナントを2周します。

キャッチャーA

キャッチャーC

その結果ですが2度回したうちいずれも防御率がAの方がCを下回っています。AとFを比較した時よりかは差は小さいですが、確かにキャッチャーの影響が出ていることが伺えます。

AとCを3度回した際の平均防御率は以下の通りとなりますが、その差は0.14です。

キャッチャーA平均防御率 4.11
キャッチャーC平均防御率 4.25

またキャッチャーDに関しても追加で2周しその結果が以下の通りとなります。

キャッチャーD平均防御率 4.37

やはり投手に何ら影響を与えないよりかはキャッチャーC以上の捕手がいた方が、投手陣に好影響を与えるのは明白のようです。

考察

今回の検証結果からパワプロ2020では特殊能力キャッチャーは極めて有用であると証明されました。

一方で優秀な捕手を入手するだけで、チームの投手事情を大幅に改善してしまうのは、若干バランスブレイカー的な側面も持っています。

現実のプロ野球では捕手1人だけで投手事情が改善するのは稀なので、現実的なバランスに近づけたい人はペナント設定の「キャッチャーリード効果」を小さいに設定する良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました