【パワプロ2020】有馬対策を考える

パワフル農業大学

いつの間にかアップデートで追加されていた有馬。
パワプロ2020サクセスの最大の難敵と言っても過言でなく、スローカーブを武器に凡打の山を築き上げてきました。

今回は個人的に実施している有馬対策について簡単ながらまとめてみました。

パワプロ2020 有馬対策を考える

対策1 ミート打ちに徹する

有馬はCPUのルーチン上変化球ばかり投げてきます。
それも変化量の多いスローカーブとパームが中心です。

そのため強振で狙いに行くと、ロックオン4でもない限り、慣れないうちはアウトを無暗
に献上してしまいがちです。

そこで慣れないうちは単打狙いでも良いのでミート打ちに徹すことをおすすめします。
ミート内であれば割とポテンヒットなどでも出塁しやすいです。

対策2 低めの球に迂闊に手を出さない

低めに投げ込まれた球は高めを打つよりも長打になりづらいです。

スローカーブといった落ちる変化球も低めに落ちるほど変化量が上がります。

有馬のパームやスローカーブの低めの球に手を出すと詰まらされてゴロの山を築くもこともあるでしょう。

そのため極力2ストライクと追い込まれるまでは低めの変化球に手を出さないほうが無難です。

対策3 スローカーブはボール高めから落下するのを狙う

有馬の代名詞であるスローカーブですが、変化量も多く、ストライクゾーンから投げ込まれた場合、低めボール球になることもあるほど変化量が多いです。

一方でボールゾーン高めからストライクゾーンに入るように投げ込まれた場合は、低めなることが少ないため比較的狙い球です。スローカーブを狙う際はボール高めから投げ込まれた時がベストです。

対策4 パームには無暗に手を出さない

有馬の中で個人的に苦手なのがこのパームです。
理由としては手元で急激に落ちている感覚があるからです。(これは皆さんによってパームに持つ感覚は変わってくるかと思います)

下手をすれば変化量が多いはずのスローカーブよりも手が出しづらいです。
個人的にはパームに手を出すぐらいならばスローカーブを狙うほうが良いかもしれませ
ん。

パームを狙う際は事前にパームの特性を「練習」モードなので実際に有馬と対戦して掴んでおくと良いでしょう。

パームもスローカーブと同じで高めから投げ込まれた球が狙いどころですが、急激に落ちるので注意しましょう。

対策5 サークルチェンジはタイミングを合えば絶好球

スローカーブやパームほど投げ込みませんが、サークルチェンジは有馬の持ち球の中でもっとも狙い球です。

理由としては変化量が少ないため、強振でもホームランを狙いやすいです。
ただしサークルチェンジは思った以上に球速が遅く、有馬自身球速があるタイプではないので普段以上に遅いサークルチェンジが投げ込まれるので気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました