【パワプロ2020】サクセスの投手で打たれたり勝てない時の攻略法

パワプロ2020のサクセスで投手を作成している際、よくCPUに打たれることがあります。結果的に試合に勝てないことがあって悔しい思いをします。

皆さんの中にもそういった経験がある人はいませんか?

今回はそんな人に向けてCPUを抑える対策や攻略についていくつか考えてみました。

あくまで投球は結果論な部分が強いので参考程度に見てくれると幸いです。

パワプロ2020サクセス投手で打たれたり勝てない時の攻略

対策その1 二度押しでプレイしてみる

今作では投球設定をノーマルでプレイしているとコントロールが低いほど失投しやすくなります。とくに序盤はコントロールFで試合に挑む人も多いため、失投する場面を多く見かけることがあるでしょう。

そこで投球設定をノーマルから二度押しに変えると、操作技術が求められますが失投を大幅に減らせる可能性があります。

二度押しはコントロールが低いほど、二度押しのタイミングはシビアとなりますが、目押しが得意な人はぜひチャレンジして見てください。

対策その2 能力を上げて試合に望む

どうしても能力が低いと試合で打たれがちです。特に感じたのが球速が130キロ未満だとリーグ戦でも打たれがちです。

提供国際大学でプレイしていると、値切り上手が王の選手レベルに応じてショップ価格の割引率が上がるため、王の選手レベルが上がるまでは成長アイテムを買わず、能力も上げないという人もいるでしょう。

どうしてもスタミナ以外の値が低いと自動操作時でも長打される確率が増えるので、春季リーグ前までには能力をできる限り上げると良いでしょう。

対策その3 コースを散りばめて厳しめを付く

CPUは賢いので甘いところに球を集めていると、甘い球を簡単に打ち返されやすいです。
(ルーキーでも甘い球は打たれがちです)

なのでできる限りコースギリギリといった厳しめを付くように心がけましょう。

ただし低めばかりに集めていると個人的に打たれがちなので、ボール球で良いので高めに投げるなど、散りばめる配球をすることも大切です。

対策その4 なりきり操作でプレイする

試合操作を選ぶ際「自分の投球を操作」よりも「なりきり操作」の方が抑えやすいことがあります。「自分の投球を操作」は必ずピンチ時の操作となりますが、「なりきり操作」はその逆で得点圏にランナーが出る前のランナー1塁など操作する場面がピンチになる前の状況が多いです。

そのため未然に自動操作時にランナー1塁から長打を打たれて自動失点しているケースなどを減らせます。

対策その5 野手の継承選手を多めに入れて援護を待つ

どのサクセスでも打撃陣は貧弱な傾向にあります。

そこで少しでも援護を期待するため、野手の継承選手を入れる状況が改善することがあります。

あくまで気休め程度でしかありませんが、守備面に関してはセンターラインに守備能力の高い選手を投入しておくと、守備時にヒット性の打球をアウトにしてくれることがあるのでおすすめです。

対策その6 仕方がないので全国大会と世界大会は自らが打つ

経験点が減る可能性が高まりますが、チーム操作ができる全国大会と世界大会では自らチームの打撃操作を担うと当たり前ですが勝つ可能性があります。

この際の注意点ですが、育成中の選手が投げている際に、点を取りまくると乱打戦になる傾向があるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました