難しくても楽しめるパワプロ2020初心者へのアドバイス

パワプロ2020

今回はパワプロ2020で初めてパワプロシリーズを遊ぶ方やパワプロ初心者の方に向けて、パワプロを楽しむ上で大切だと感じたことをアドバイスしたいと思います。

無理にロックオンなしにこだわる必要はない

近年のパワプロシリーズは昔と比べると打撃難易度が上がっており、初心者ではロックオンなしでは満足にヒットを打つことは難しいと思います。

難易度設定があるモードでは高難度だとロックオンなしで操作を強いられることもあります。

なので初めからロックオンなしで始めるのが上達への得策なのではと思われる人もいるでしょう。

ただ初めのうちはロックオンありで楽しむのが個人的にはおすすめです。

やはり打てる方が断然楽しいですし、結果的にゲームも長続きします。

ある程度ロックオンありの打撃に慣れてからでもロックオンなしに切り替えるのは遅くはありません。

投球は運要素が絡んでいる

打撃はプレイヤーの腕前によって結果が変わってきますが、投球に関しては二度押しを除けば技術的な部分はあまり要求されません。

その分相手に打たれないために配球をしっかりと考える必要がありますが、現実のプロ野球でも同じですが考え抜いた配球でも配球を読まれれば打たれます。

結局何を伝えたいのかというと投球に関してはある程度運要素が絡む点です。

特にCPUに関しては、CPUレベルが上がるほど初めからコースがバレていると思えるほど、打ち込まれる時も多いです。

なので高難易度で配球を考えた末打ち込まれても、腕のせいではなくゲームの仕様と割り切った方が精神的にも楽です。

操作が難しいと思ったら別のモードで遊ぼう

パワプロはスポーツゲームでもある以上アクション要素があるゲームとも言えます。

なのでアクションゲームが苦手な人には最初のうちは上手く操作できなくて凹むかもしれません。

そのときはサクセスやパワフェスだとルーキーモードを選び難易度を下げて遊んでみたり、対戦モードだとCPUのレベルを「よわい」にして遊んでみるのも手です。

ただ現在のパワプロは実際に選手を操作しなくても遊べるモードがいくつかあります。

栄冠ナインだと試合では監督として選手に指示を出すため、選手を操作する必要はありません。

そもそも栄冠ナインでは高校野球の監督となり選手を育成しながら甲子園を目指すモードなので、育成ゲーム好きの方には是非おすすめしたモードです。

ペナントモードでは自分で操作して試合を進める以外にも試合はオート進行にし、自分は選手の育成や選手補強のみに専念する遊び方も出来ます。

他のゲームと比べるとパワプロは様々な遊び方が出来るゲームなので是非自分に合った遊び方を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました