パワプロ2022攻略

パワプロ2022サクセスで投手育成時の操作が難しいときの対処法

パワフル高校ライバルズ

パワプロのサクセスは投手育成が野手と比べると難しいです。

これは自身で点を入れられる野手と比べると投手は1点でも奪われると最悪負けることもあるからです。

ホームランなどで自動失点することもあり、全試合勝利する難易度が野手の数倍高いです。

更にパワプロ2022の「パワフル高校ライバルズ」で投手操作時でも対決イベントで打撃操作を強いられることもあるため、別の要素で育成難易度が上がりました。

今回はパワプロ2022の投手育成時が難しいときの対象法をご紹介します。

試合時に打たれるのでならば、自分で味方を操作することも考える

パワプロの投球は運ゲー要素が強いです。なのでどれだけ素晴らしい投球術を披露してもCPUには打たれるときは打たれます。

なので勝利を優先したい人は試合で得られる経験点は下がりますが、試合操作方法で「8回から全員操作」か「チャンスと9回を全員操作」を選択しましょう。

難易度ノーマルでもロックオンレベル2はあるので、「すけすけゴーグル」がなくても中級者程度であれば点を取るのにさほど支障はないでしょう。

もっとも得られる経験点は「自分の投球を操作」よりも獲得経験点を下がる傾向にあるため少しでも強い選手を作る場合の打開策として芳しくありません。

配球を考えて投球する

100%抑えられるわけではありませんが、適当に投げるよりも配球を意識すると少しは抑えられる確率が上がります。

簡単な配球例だと緩急です。これは緩い球種を持っている投手のみ可能ですが、例えば全力ストレートを投げたあとに、チェンジアップなどの緩いボールを投球すると、CPUは空振ってくれることも珍しくありません。

全ての投手が可能な配球だと同じ球は同じコースを連続で指定しない、ボール球を用いることなのがあります。

CPUの狙いを見極めることは不可能に近いので、かつては通用した配球でも連打されることも珍しくはないので、ある程度割り切って配球を考えてみましょう。

対決イベントでの打撃操作が厳しいなら「すけすけゴーグル」を買うべき

今回対決イベントで投手のキャラクターと対決するとき、自身が投手でも打撃操作をすることがあります。例で言えば「永遠のライバル」の青葉がそれに該当します。

投手は野手と違い打撃能力を上げていないことが大半なので、ホームランを狙いにくく苦戦を強いられやすいです。そのため対決イベントで打撃操作をすることがあるルートでは「すけすけゴーグル」を購入しておくことをおすすめします。対決イベントは基本的に勝利することでイベントが進行するので、可能な限り勝利したいです。

タイトルとURLをコピーしました